投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

HandeVision IBELUX Test Shot

イメージ
「新東京物産×澤村徹 HandeVision体験撮影会」に参加させて頂きました。

オールドレンズライフで有名な写真家、澤村徹さんと共に、新東京物産様が販売されている、HandeVision IBELUX(ハンデビジョン イベルックス)40mm F0.85レンズを体験するという素晴らしいイベント。

早速ですが、HandeVision IBELUX 40mm F0.85を、X-Pro1にマウントされた状態で実写させて頂けることになりましたので、まずは驚異の開放値f/0.85から絞りでどのように変化するかを確認してみました。

RAWで撮影し現像は純正のRAW現像ソフト「RAW FILE CONVERTER EX 2.0 powered by SILKYPIX (フィルムシミュレーション対応版)」のMac判で行いました。
ソフト側でパラメータの調整は行っていません。

構図が定まっていないのは、手持ちもありますが、、、、f/0.85で撮影した後、、そうだ、絞り別に確認して見ようと思いついて絞り別に撮影、計画性がないままズレてしまったことを言い訳させてください。

また、最小絞りがf/11.0で止まっているのは、シャッター速度が限界になって来たのもありますが、絞りクリックがどこまであるのかw不安になり、ファインダーから目を話してしまったせいです;;;^^)

f/0.85




f/1.0




f/1.4




f/2.0




f/2.8




f/4.0




f/5.6




f/8.0




f/11.0




f/0.85でパープルフリンジが発生していますが、意外や意外?f/1.0から普通の(^^;レンズの描写になりました。
f/2.8やf/4.0は問題無く普通に使える感じ、、、但し、このレンズ1.15kgとずっしりとくる重量感は、普通ではありません。。。



Bordeaux α7II+Y/C Planar 50mm F1.4

イメージ
フランスに仕事で出張しました。
α7IIと組合せて持って行ったのはY/C CONTAX CarlZeiss Planar T* 50mm F1,4




自由な時間が取れず、なかなか写真が撮れなかったのですが、夕食がてらにSONY α7IIに Planar T* 50mm F1,4を付けて、ボルドーの市街地を歩いてみました。




フランスと言えばマカロンですねぇー





ボルドーの市街地中心部は、基本的いクルマの乗り入れが禁止されています。
その代わり、トラムやバスが市街地の移動で使われるという合理的な交通政策が実施されています、



トラムの車両デザインが素晴らしく、また殆どの車両がこのような新型のようで、古い街並みを走る近代的なデザインの対比が印象的でした。




ボルドーの建物は、花崗岩による淡い色の外壁が特長、街頭に照らさせるとアンバー色に浮かび不思議な空間となっていました。




























CONTAX G Planar 45mm + A7II - Futagotamagawa Tokyo

イメージ
ある日の二子玉川の景色
CONTAX G Planar 45mm F2 で























CONTAX G Planar 45mm + A7II = Monochrome

イメージ
α7IIにCONTAX G Planar 45mm F2使っています。



画になる(^^;二子玉川駅に来て撮ってみましたが、モノクロ原図してみました。



現像ソフトは、SONYのカメラと相性が良いCapture 8。モノクロのクオリティも良いですね。