Primotar in Ni.Ko.Tama




Meyer-Optik Primotar 50mm f3.5(M42) というレンズをE-300に装着して、二子玉川の河川敷に出かけました。


Meyer-Optik Primotar というれんず、まったく予備知識ありませんでしたが、中古カメラ屋でその シルバーのアルミ鏡筒を、E-300にどうしても装着してみたくなり、買ってしまいました。
かなり古そうで、1万円以下の安価なレンズ、開放3.5というスペック、さほど期待してなく、その外観だけで手に入れましたが、E-300で試す限りさほど欠点は感じられず、意地悪な逆光でもまったく問題無く使えました。
そして少し古いレンズだからか、なんとなく柔らかい描写に好感を持ちました。


二子玉川の河川敷は、まったりするのにお気に入りの場所です。



休日の午後、それなりに訪れる人は多いのですが、皆さんお散歩が主体のようで、落ち着いた距離感が保ちながら、河川敷の気持ちの良い風を感じることが出来る場所です。


ちなみに、対岸の川崎側は全く異なる様相を呈しており、バーベキューや焼そば、大音量のPAを持ち込んでDJやら踊りやらでアウトドアだかクラブの集まりだかが多数。。。。おまけに、その日は消防車が多数駆けつける火災騒ぎ、、、まぁそっちはそっちで面白そうですが、、、。


川崎側から電車に乗って来る私は、それを通り超して東京側の河川敷がお気に入りですw


Tokunaga Fotois