HandeVision IBELUX 40mm F0.85 X-Pro1のモノクロで開放

新東京物産×澤村徹 HandeVision体験撮影会」。
澤村徹さんのFujifilm X-Pro1にHandeVision IBELUX 40mm F0.85 で撮影させて頂けることになりました。
その中から幾つかの写真を、モノクロ現像していみました。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

モノクロで現像してみると、レンズのガラスの中を通ることで柔らかく集約した光を、そのままX-Pro1が受け止めているような感覚が蘇って来ました。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


澤村徹さんによれば、IBELUX はF0.85という開放値を実現する上で、価格の中で出来ることを無理せずにストレートに実現したレンズということです。


Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

ちなみにIBELUX は非球面レンズが使われていません。
通常、このような超大口径のレンズとなると性能と小型化を両立する為には非球面レンズが有効な手段であるということですが、その代わりコストが非現実的になるということです。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

IBELUXは大きさと重さを我慢して実現できた価格の中で、このような素晴らしい性能が実現されているレンズということです。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

その代わり、 IBELUX 40mm F0.85は全ての性能が完璧なレンズというわけではありません。
ただ、完璧なレンズというものは存在しませんし、完璧に近ければ誰にとっても良いレンズというわけでも無い筈です。


Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

実際にモノクロで表現してみると IBELUX 40mm F0.85は開放で味を持ちつつ、高性能と個性のバランスが取れたレンズということを感じました。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

なによりもX-Pro1のモノクロも、このレンズを引き立てる要因だと想いました。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

X-Pro1とHandeVision IBELUX 40mm F0.85は素晴らしく相性の良い組合せだと感じました。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

このような素晴らしいレンズを試用させて頂いた新東京物産様、そして、X-Pro1を使わせて頂いた、澤村徹さんに感謝いたします。


Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX



Tokunaga Fotois