HandeVision IBELUX 40mm F0.85 不忍池で開放

新東京物産×澤村徹 HandeVision体験撮影会」でHandeVision IBELUX 40mm F0.85 とX-Pro1を貸して頂き、放置(^^;いや、自由作例の方をアップしています。

まず、 IBELUX 40mm F0.85受け取ましたが、X-Pro1の操作に慣れるという意味で、すぐ横にあった葉っぱを開放f/0.85で撮影してみました
が、、、、やっぱというか、良い意味で、意外と普通(^^;にちゃんと写ったことに驚きました。


Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

今回アップした写真ですが、
で殆どのショットは、開放f/0.85で撮影しRAW現像しています。
ソフトは「RAW FILE CONVERTER EX 2.0 powered by SILKYPIX (フィルムシミュレーション対応版)」で、
設定は「フィルム調K」(つまり某社のフィルムシミュレーション)を選択(すいません富士フイルムさんw)
その他のパラメーターは露出値を変えています。シャープネスやコントラストは変更していません。

ちなみにRAW FILE CONVERTER のフィルムシミュレーションはDxO Film packなどと比べると、大人しい雰囲気に仕上がるようで、流石富士フイルムという感じです。


ということで開放でははカステラにピント合わせると、ドラえもんがボケてしまう始末(^^;

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

こっちは、サザエ串にピントを合わせると、イイダコ串、ツブ串、ハマグリ、モンゴイカと次第にボケる具合が美しい、、、こんなショットで説明してすいませんm(_._)m

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

驚いたのは、f/0.85という開放値を持つレンズということで、かなりじゃじゃ馬を想像していましたが、それが見事に裏切られ、意外とピント合わせし易いことに感激。

出来上がった写真を見るとコントラストやシャープネスは落ち着いた感じで、X-Pro1のX-Transセンサーも柔らかい表現に長けていると想いますので、なかなかマッチングは良いかもしれません。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


このX-Pro1、じつは澤村徹さん個人所有のカメラで、それを使わせて頂いたいたのですで。。。。
再度感謝!m(_._)m

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


で、ピントが合わせ易いと思っていたのですが、澤村徹さんは、X-Pro1のEVF洗濯時にフォーカスピーキング(ホワイト)をうっすら掛けらる設定ということで、そのせいかもしれません(^^;

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


ただ、のレンズは浅い被写界深度を楽しむ為にはやはりファインダーを撮影したいレンズには違いありません。
リアモニタではストレスが溜まるかもしれません。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


近接で更に柔らかい表情になるのが良い感じです

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

で、こちらがf/5.6に絞って撮った作例

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

絞れば、意外、ではなく、やればちゃんと出来る子!(^^;

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


でまた、開放に戻して撮影しました。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


開放、中距離のボケ具合が良い感じ

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

開放では勿論、周辺光量は落ちますが、このようなレンズ使う人にとっては、逆に落ちないと不満が出そうですので(^^;、いいね!に一票

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


やっぱりというか、このレンズ開放がイチバン!w

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


フリンジも出ます。でも許せる範囲です

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

フリンジも後光と考えれば良い感じ、、、かな

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


このレンズならではの、絶妙な画質低下(^^;を自分の写真に活かしたくなる筈ですね。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX

今回はAPS-CのX-Pro1で試させて頂きましたが、マイクロフォーサーズの場合換算80mmになりますので、また違った風情のポートレートレンズになりそうな予感です。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


APS-Cで換算60mmという画角は、個人的には苦手ですが;;;^^)ですが、人によっては独自の作風が描けるレンズということになるのかもしれません。

Fuji X-Pro1 / HandeVision IBELUX


価格は22.5万円ということで、富士フイルムXマウント、マイクロフォーサーズマウント、ソニーEマウント、EOS EF-Mマウントが揃っているとのことです。

価格以上の何かが得られるレンズだと思いました。

Tokunaga Fotois